ブログ

サーキットを走ってみたい!オススメのドゥカティ教えます!

こんにちは、volto萩原です!

今日はサーキット走行を視野に入れたDucatiの選び方についてお話しさせて頂きたいと思います。

11446

↑走行会でのワンシーン(ライダー:萩原 マシン:voltoスペシャル 851モンスター)

voltoでは年に数回サーキット走行会のご用意がございます。

初心者中心のイベントです。

サーキット言ってみたいけどキッカケが無いという方は是非お声がけください!

 

 

サーキット走行をオススメする理由

人生で一度はサーキットを走ってみたい

若い時にサーキット走行を楽しんでいて、子供の手が離れたのでもう一度楽しみたい

サーキットを走ることでライディングテクニックを磨きたい

など様々な思いがあると思います。

 

サーキットは公道を走るのとは全くの別世界。

サーキットを一度でも走ると心はすでに上級者、

未経験者に対して優越感さえ感じると思います。

 

また、サーキット走行をしていると余計な事を考えません。

というよりは考えられません。

日常の悩みや様々な事を考える暇なく次のコーナーの事だけを考える。

瞑想に通じるような心をスッキリさせる効用があると思います。

 

だからこそ大の大人が熱中できるのでしょう!

 

忙しい人にこそ、気分転換におススメしたいと思います。

 

DUCATIをオススメする理由

国産車でもCBRやR1などのスーパースポーツ系であればなんの不満もなく、サーキット走行を楽しめるでしょう。

では、ネイキッドタイプだとどうでしょう?

サーキット走行になれている方でしたら難なく走れると思いますが、

サーキット初心者だとちょっと重たくて曲がらなくて操作しにくいかもしれません。

 

それはサーキット走行を考えていないからです。

 

Ducatiだとどうでしょう?

Ducati全車種、根底に熱いレーシングスピリットがあります。

イタリアではいくらカッコ良くても速く走れないバイクは売れないとまで言われてるとかいないとか。

 

そのくらい速く走りたい国民性なんですね。

 

ですから、スーパーバイク系はもちろんモンスター系、SS系、ST系などどのカテゴリーのバイクでも一定以上のポテンシャルを秘めています。

国産でもサーキット走行だけに使うんであれば、スーパースポーツ系を買えば良いんですが、

ツーリングにも使いたいんだとちょっときつい場面もありますよね?

 

そういう場合Ducatiを選ぶのがオススメなんです!

 

Ducatiでおススメの車種

img001

ざっくり書き過ぎたのでわかりづらくてすいません。

 

上記の車種が

簡単に言うと用途の割合に応じて選ばれるのが良いと思います。

しかし、この形が良いって決まっている方は、上記の用途は考えずに迷わず気に入ったモデルにして下さいね!

 

サーキット走行も頻繁に行きたくて、なおかつ上達したいってことであれば『996』以降のスーパーバイクが良いと思います。

僕もそうだったんですが、古いバイクやサーキット走行に適していないバイクで練習してもうまくならないんですね。

上達したいのであればバイク自体のコントロール性がよくて、なおかつ新し目な方が良いですね。

996って案外ツーリングもこなせるんですよ!999になると長めツーリングはきついっすね。

 

一番オールマイティにこなせるのは『SS900ie』です。

ツーリングもサーキットも平均点以上の力を持っています。

ただポジションが合わない人もいるので実際にまたがってご購入された方が良いと思います。

 

モンスター系も侮れません!

操作性よくよく曲がります。セパハンに抵抗がある方はモンスターでもかなり楽しめますよ!

 

まとめ

Ducatiは基本的にどの車種もスポーツ走行を考えられているのでどれでサーキット行っても楽しめます。

いつかサーキットを走りたいと思っているのであれば、是非お早めに!

これからの人生で今日が一番お若いのだから(笑)

 

voltoでは年に数回サーキット走行会のご用意がございます。

初心者中心のイベントですので、サーキット言ってみたいけどキッカケが無いという方は是非お声がけください!

 

volto最新在庫はこちらをチェック!

 

*店主からのお願い

ご来店の際は、事前にお電話またはメールにてご予約をお願いしております。

当店少人数で営業している為、急なご来店には対応できない事が多く完全ご予約制とさせて頂く事としました。

ご面倒とは思いますがご協力お願い致します。

 

tel 0466-90-3145

店主直通 090-2323-5606

contactvolto

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る